ワキガ対策にミラドライとワキガ用クリームを試してみた

わきの臭いに悩まされてきたアラサー女がデオドランドやミラドライで無臭になろうと試行錯誤するブログ

ワキガあれこれ

ワキガの治療方法を紹介!あなたに合う方法は?

プリント

ワキガの治療をしたい!と考えて調べてみたけど、色々な治療方法があって、どれがいいのかわからなくなってしまった…。ということがありますよね。私もすごく悩みました。このページでは、ワキガに効くそれぞれの治療法、クリニックなどを紹介していきます。どうぞ参考にしてくださいね。

(代表的なクリニックを載せています。効果は人それぞれですので手術を受ける際には自己責任でお願い致します)

スポンサーリンク

剪除法(せんじょほう)

別名皮弁法(ひべんほう)とも言われています。ワキを4~5cm切開し、ワキの皮膚をひっくり返し、目視でアポクリン汗腺を除去していく方法です。医師の腕によって除去できる範囲が変わってきてしまうため、腕のいい医師を探すことが重要です。しっかりと目視で除去してもらえば、臭いが最大限抑えられます。

術後はワキをしっかり固定する必要があり、1~2週間はワキを満足に動かせないため、数日の入院が必要な場合もあります。術後の痛みが強く、ワキの固定期間が長いため、長期間の休みが取れない人には向いていません。

また、大体の病院で保険適用されますので、両脇で4~5万円前後で手術を受けることができます。適用外の場合は、20~30万円前後の費用がかかります。

湘南美容外科クリニック

クワドラカット法

ワキを5mm~1cm程度の切開をし、その穴から専用の器具を使って汗腺の層を削り、吸入する方法です。汗腺を根こそぎ取り除く手術になるので、再発の心配がありません。また、永久脱毛の効果もあります。

ガーゼでの固定になるので、入院する必要はありません。ダウンタイムは2~3日ほどで負担が少ないため、子供のワキガ治療にも最適。

保険が適用されませんので25~40万前後の費用がかかります。

リオラ・ビューティー・クリニック

ミラドライ

ワキに専用の機械を当て、皮膚内部のアポクリン腺を熱によって破壊する治療法です。電子レンジと同じ要領でマイクロ波を使って皮膚の内部に熱を伝えていくので、皮膚の表面が焼かれることはありません。皮膚の切開をしないため、傷跡が残らない治療法となっています。1~2時間で両ワキを治療することが可能で、日帰り出来ます。

術後の固定は必要ありませんが、熱を持っていますので数日はしっかりと冷やす必要があります。

保険が適用されませんので25~35万前後の費用がかかります。

プレシャスクリニック自由が丘

東京プラチナムクリニック

管理人のミラドライ体験記を最初から読んでみる?>>

ビューホット

こちらもミラドライと同じように皮膚の切開をしない、熱による汗腺破壊の治療法となっています。ビューホットはミラドライとは違い、極細の照射針を皮膚に刺して照射することにより直接汗腺を刺激するので、皮膚表面の腫れや痛みが少なくて済むと言われています。治療時間も片側10分で終わるため、短時間での施術が可能となっています。

固定も必要なくダウンタイムも短いので、小学生低学年でも治療できます。また、他の治療法では治すことのできなかったデリケートゾーンのすそわきが、乳輪のチチワキガも治療可能となっています。

保険が適用されませんので、30~40万前後の費用がかかります。(すそわきがの治療は40~50万前後かかるようです)

ガーデンクリニックのワキガ治療

ボトックス注射

ワキにボツリヌス菌を注射することによって汗腺の働きを抑える治療法です。ボトックスは主にエクリン腺に働きかけるので、汗を止める効果が高いです。ニオイのモトを出すアポクリン汗腺には効きづらい場合がありますが、そもそもワキガは汗と混じることでニオイが増殖しますので、汗を止めることによる臭いの抑制は期待できます。軽度のワキガの人にオススメの治療法です。

「どうしてワキガになるの?」汗腺について読む>>

注射をするだけなので、治療時間が10~20分と短く、固定の必要もないため時間の無い人にぴったりの治療法です。ただ、ボトックスは1回の注射で4か月~半年ほどしか効果が続きませんので、何度も治療をすると費用がかさみますので注意が必要です。

治療費は病院によって様々で、保険適用で3万~、適用外で5万~が目安です。重要なのは、保険適用の場合はボトックスの量が100単位と決まっているため、打つ量が決まっていること。適用外の自由診療の場合は患者に合わせてボトックス量を増やしてくれたり、効果がない場合は無料で追加の注射をしてくれる所もありますので、気になるクリニックに問い合わせてみると良いでしょう。

また、ボトックス注射による治療は胎児に対する安全性が確立していないため、半年先までに妊娠の可能性がある場合は、出産後に注射を受けるようにしたほうがいいでしょう。

湘南美容外科クリニック

どの治療も効果は人それぞれ

sorahatena

紹介した治療方法は、どれも汗腺を除去または破壊するという治療法ですが、どうしても取り残し等が出てきてしまうものです。1回の手術で完全に無臭になった!という人もいれば、何度手術しても全く効かなかった…という人もいます。

 

保険適用はもちろん、適用外での手術となると30万前後という高額な費用がかかってしまいますし、もしかしたら効かない可能性もあるかもしれないとなると、手術をしても良いものかどうか悩みますよね。

当サイトでは、ワキガ専用クリームによる対策をオススメしています。管理人はワキガ治療にミラドライを選択しましたが、残念ながら効果は2か月ほどで薄れてしまったので、現在は色々なワキガ用デオドラント剤を試している最中です。(現時点ではノアンデを愛用中)

noande_re

※ちなみに、ミラドライが効かない!と言いたいわけではありません。ただ、ニオイや体質には個人差があるので、私には効果が少なかったということだと思われます。毎日デオドラント剤を使うよりもミラドライ等の手術で一気にニオイが無くなった方が楽になりますし、最終的にはデオドラントに沢山お金をかけるよりも安くなると思われます。是非自分の納得の行くワキガの治療・対処法を見つけてみてくださいね!

ad&post

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ

-ワキガあれこれ