ワキガ対策にミラドライとワキガ用クリームを試してみた

わきの臭いに悩まされてきたアラサー女がデオドランドやミラドライで無臭になろうと試行錯誤するブログ

ミラドライについて

ミラドライのメリット・デメリットは?

2016/06/13

ミラドライってまだまだ新しい治療法なので、不安点もいっぱい。
メリット・デメリットって一体なんなんでしょうか?

ミラドライの手術が気になりだしてから色々と
情報を集めてみたものを総合してみます。

ミラドライのメリット

・傷が残らない

メスを入れるのではなく、熱照射でアポクリン腺を破壊するので
腫れたりはするけど、皮膚に傷をつけるわけではないので
治った後は、手術したことは全く分からない状態になります。

・効果が永続的である

手術はイヤという人の中には、ボトックス注射を選ぶ人もいます。
ただ、注射は数か月で効果が落ちてしまいます。
ミラドライは汗腺自体を破壊するので、復活することがありません。

・ダウンタイム(回復時間)が短い

メスを入れる方法だと、入院とか固定とか、とにかく
安静にしなければならない時間が多いです。平均1週間程度。
ミラドライの場合は、2~3日あればそれなりに動かせるので
仕事を休めない人も安心(とはいえ、1週間くらいは痛いですよ)

ミラドライのデメリット

・値段が高い

とにかくこれが一番痛いかもしれないですね。
注射や切除なら数千~数万のところを、ミラドライで30万とかだと
どうするか悩みますよね…ローンも使えるところもありますけどね。

・効果には個人差がある

 

これは除去手術にしても言えますが…。
効果に関しては、手術を受けてみるしかない、と言えます。
色々調べてみるとわかるけど、再発した!とか、
臭いが消えてない!って人の口コミも見受けられます。

こんなところです。

他にも色々あるけど、とりあえず代表的で、
ミラドライをやる人が気になるであろうものを書いてみました。

スポンサーリンク

私が気になったところ

「傷が残らない」 「効果は人それぞれ(ほかの手術法も)」
「ダウンタイムが短い」
ってとこでした。

効果は人それぞれで、意外と再発が多いってところが特に気になりました。

熱破壊は皮膚の上からだから、汗腺がしっかり破壊できないとヤバイ。

切除する方法だと目視だからしっかり除去できる。

が、医者の腕次第では結構汗腺が残ってしまうかも…
というレビューも結構見受けられました。

手術跡ってどうなるの?

今まではワキガの手術って、メスを入れる方法が主流でしたよね。

ワキの皮膚を2~5センチほど切開して、アポクリン腺を
ひとつずつ除去してもらうという手術です。

値段も、保険適応してくれれば5万円ほどだとかで、結構お安いかも。

でも、何が嫌って「手術跡が残る」ことなんですよね!

男性はまだそこまで気にならないかもしれませんが、
女性はどうしても気になるもんですよね。

ハダカになった時とか水着を着た時に、明らかな手術跡があるのはね…。。
しかもワキに手術跡って、コイツわきがだったんじゃねーの?( ´,_ゝ`)
とか思われそうで…いや、わきがなんだし、自意識過剰かもしれないけどw

ミラドライは、最初はもちろん腫れますが、2~3か月もすると
何事もなかったかのようにキレイになります。

 

管理人はミラドライを選びました

 

どの手術法もそれなりに良いトコもあり、悪いトコもあり。

このサイトを見ているのは女性が多いんじゃないかなと思います。
(男性が見ても問題ないサイトではありますが)

やっぱり女なので傷が残らないほうがいい…
ワキガ手術で仕事休むとか、人に知られたくないし…。

っていう人は多いでしょう。私もそうだったので。

私は、どの方法を選んでもどうせ効果は人それぞれなら、
傷が残らなくて、もしかしたら完全に臭いが消えるかもしれない
方法に賭けてみるのもいいんじゃないの!?

という結論に至りました。

ミラドライを受けたのは概ね満足なのですが、

もしかしたら切除の方がよかったかな~とか、
ミラドライのほかにも最近では「ウルセラドライ」なんていう方法もあるらしくて
う~ん、ほかの方法もあったかな~とか未だに色々考えたりしていますw

こぼれ話

個人的には、よく募集している「モニター料金」での格安手術というのは、
二度目の手術で儲ける手段なのではないかと疑っています(笑)

本当のとこがどうなのかは、お医者さんしかわかりませんけどねぇ…。

格安だからという理由で選ぶのも、
高いから安心!!と選ぶのも、要注意です!

自分で良いと思った方法で対処することが大事ですよ☆

ad&post

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ

-ミラドライについて